ライオンの通せんぼう

ライオン3頭が車の前で通せんぼう

Park内を走っていると、ギョッとする光景に出会った。前方にある車の前にライオンが3頭も倒れている。
何かあったのかと思いながら近付くと、何のことはないライオンが日陰に止まっている車の前で長く伸びて寝転がっているのだった。しかも1頭は車の下に入り込んで、前脚をタイヤに掛けて眠っている。

これでは車を動かすことはできない。寝そべっているライオンの様子は、車の中からは断片的にしか見えないので車内の人には詳細は分からないだろう。
前方からライオンの様子を写真に撮って、車を横付けして車内のご夫婦に見せてあげた。もうかれこれ3時間もこの状態が続いているとのことだ。ライオンがどこか別のところへ移動するのを待つしかない。
1時間ほど経って、その車のご夫婦が戻って行かれるのに出会った。無事脱出できたようだ。

1頭は車の下に入ってタイヤに前脚を掛けている

ライオンは普段から、車をほとんど気にせずに行動している。それにしても車から手を伸ばせば届くくらいの道路脇で寝ていたり、今回のように車を通せんぼうするように寝っ転がったりと、あまりに大胆な行動だ。人や車を気にせずに自然な振る舞いをしているのだとこれまでは思っていたが、実は逆に人間をかなり意識しているからこのような行動をとっているのではないかと最近になって考えるようになった。
ライオンは自分が人間より優位であることを誇示するためにこのような行動をとっているのではないかと思えてしまう。

Posted in 伊吹の野生だより Tagged , ,