イーグレットニュース: 伊吹の野生だより

秋晴れにサルもくつろぐ

伊吹山は先日からしばらく雪化粧して白くなっている。今日は久しぶりの快晴で、山麓では暖かく気持ちの良い天気だ。
田んぼにサルの群れが出てきて、稲刈り後の落ち穂を拾って食べている。畦の植物を食べる個体や座って気持ちよさそうに日向ぼっこをしているもの、若いサルは2〜3頭で元気にじゃれあって遊んでいる。

サルが田畑に出てくると、農家の人たちが手をかけて作った農作物が食べられてしまうので、普段は見つけるとすぐに追い払うのだが、今日はあまりにもサルたちが心地よさそうにしているので、追い払いはやめて僕ものんびりと観察することにした。冬を目前に控えて畑にはほとんど作物がないので、サルたちが悪さをすることもない。

20頭余りのサルがいる。時折車が近くを通ると、サルたちは山手の林の中に姿を隠す。車が通り過ぎるとすぐにまた姿を現す。そんな風に2時間ほど過ごした後、別の場所へと移動して行った。
秋晴れの暖かな日差しのもとで、サルたちはいつもよりくつろいでいるような気がした。



秋晴れの1日、サルたちはのんびりと採食し、じゃれあって過ごす

Posted in 伊吹の野生だより Tagged , ,

ドローンで空から訪問。紅葉の渓谷、五色の滝へ

五色の滝への登山ルートを渓谷に沿って空撮を試みた。2週間前の紅葉真っ盛りの時期だった。下流集落への飲料水の取水地であるダムから出発して、川を遡る。途中にオニグルミの林があって、毎年9月頃に、ツキノワグマがそれらの木に登り、枝を折ってクルミを食べる。折った枝が積み重なってクマ棚として残る。しかし、今年の伊吹周辺はクマがオニグルミの木にほとんど登っていない。山の中に他の食べ物が豊富にあったのだろう。秋になっても集落への出没はほとんどない。

今年の紅葉は今ひとつだった。紅くなるはずの葉が、紅くならずに枯れ葉色だ。それでも春の新緑と秋の紅葉は山の一大イベントであり、やはり美しい。

五色の滝は紅葉の木々に囲まれて、滑らかな花崗岩の岩肌を滑り落ちていた。
五色の滝からさらに山を登り、標高1,100mを超えた山頂近くに、地元で「かさ岩」と呼ばれる大きな岩がある。かつて豊臣秀吉の妻、寧々さんが一時的に隠れ住んだと地元で言い伝えられている場所だ。

かさ岩

この場所には、7年前に「伊吹源流の会」のメンバーと道無き道をかき分けて登った。「かさ岩」の近くの大岩の下には空洞があり、寧々さんが隠れ住んだのであれば、ここで雨風を凌いで寝泊まりしたのだろうと勝手に想像を巡らせた。

そのような五色の滝周辺も数日前からの降雪で、標高800m以上はかなり白くなった。いよいよ冬支度である。
ニホンジカは積雪を避けて山を下り、ツキノワグマは冬眠に入る。大型の獣で残るのはカモシカだけだろう。訪れる人もほとんどなく、五色の滝はしばしの冬眠に入る。



Posted in 伊吹の野生だより Tagged , , , ,

雄ジカは雌ジカより大胆or鈍感?

ニホンジカの聴力は人間とは比べ物にならないほど優れている。人間の僅かな足音を鋭くキャッチして、いち早く逃げていく。最初に物音に気づいて逃げるのは雌ジカと子ジカである。雄ジカは同じ距離のところにいても、なぜか警戒しないことが多い。雄と雌で聴力に差があるのだろうか?

外見上はほとんど同じ耳に見えるから、聴力の差とは考えにくい。雌ジカは子ジカを連れていることが多いので、出来るだけ遠くから危険を回避しようと敏感になっているのだろう。その点雄ジカは子育てには関与しないので、雌ジカと比べて大胆に振舞っているのかもしれない。



雄ジカは近距離で採食中

Posted in 伊吹の野生だより Tagged , ,

個体識別できるニホンジカ

オレンジ色をした個体識別できるカモシカについては度々書いているが、ニホンジカにもはっきりと個体識別できる個体がいる。そのシカには、体に大きな白斑がある。普通夏毛のシカには鹿の子模様と呼ばれる小さな白斑がたくさんあるのだが、このシカには肩から背中にかけて明らかに他とは違う数個の大きな白斑が付いている。おまけに左目だけまつげが白い。

この白斑ジカに出会ったのは2年半ほど前だ。個体識別が出来ると、その個体の動向がいつも気になってしまう。3ヶ月ほど姿を見なかった時には、もう死んでしまったのかなと思ったりもしたのだが、再び姿を現してからは割と頻繁に出現している。

白斑ジカは、この間に1回だけ(昨年)子どもを産んで育てた。子ジカには母ジカのように大きな白斑はなく、普通の体色である。その子ジカは今年も母ジカと一緒に行動している。
白斑ジカをいつまで追い続けられるのか、オレンジカモシカとともに気になる存在だ。



背中周辺の大きな白斑と左目のまつげが白いニホンジカ

Posted in 伊吹の野生だより Tagged , ,

ドローンで空から訪問。山から紅葉が降りてくる

ここ数日いい天気が続き、夕方になると山が夕陽を浴びて赤く染まっている。あまりに綺麗なので、すぐにドローンを飛ばして赤く染まる山に近づいて撮影を試みた。近づくほどに紅葉が色褪せて見える。標高800m以上の紅葉は最終段階になっている上に、10月後半に台風が2つも接近し、多くの木が葉を落としてしまっている。

紅葉は高いところから低標高地へ、谷奥から谷の口へと進んでいる。集落周辺も点々と紅葉が始まっている。紅葉と緑の木々のコントラストもまた綺麗である。
カモシカやニホンジカは紅葉の葉を味わっていることだろう。紅葉の味はいかがなものだろうか。



ドローンで空から訪問。山麓から尾根までの紅葉の変化

Posted in 伊吹の野生だより Tagged , , ,

「美人」な動物

以前、雑誌の表紙用に写真を送った時、編集者から「美人ですね」とだけ書かれたメールが返って来た。普通なら何のことか分からないのだが、僕自身もその写真を見て「美人」だと感じていたので、すぐに写真に写っている動物のことだと分かった。
写真の主はSteenbok。中型犬くらいの大きさの小型のアンテロープだ。鼻筋にシャープな黒い模様があって、より一層顔が整って見える。見れば見るほど、Steenbokが「美人」に見えてくる。

「わたし美人かしら?」

Posted in 伊吹の野生だより Tagged ,

猛禽類の狩りも命がけ

肉食獣の狩りが命がけであることは前回書いたが、ワシやタカなど猛禽類の狩りもまた命がけだ。
Martial Eagleが大木の頂上に止まり獲物を探していた。1時間ほど経った頃、Martialが獲物を見つけたようだ。首を伸ばして前方下部をさかんに見ている。ひょいと飛び立ち降下した。翼をすぼめて翻るように急角度に地上に向かって降下してブッシュの裏に消えた。少し待つが出て来ない。

狩りに成功したと思い、その辺りが見えるところに移動する。降りたところはほぼピンポイントで分かっているのだが、見つからない。そのうちに翼と尾羽を半開きにしてボロ布のように地上に伏せているMartialを発見した。
獲物をおさえこんでいるのだと思うが、姿勢があまりにも低く横たわっているように見える。しばらくして頭を上げたので、後方から顔が見えた。すぐに頭を下げて見えなくなった。何度か頭を上げたり下げたりを繰り返した後、立ち上がった。脚で頭を掻き、羽繕いをしてから飛んで行った。しかし、獲物はなく、狩りは失敗していた。

地上に横たわるようにして時々頭を上げる

狩りが失敗して10分以上もの間、地上に横たわるように動かなかったのはなぜだろうか?それも普通に座っているというよりも倒れているように見えた。おそらく獲物に襲いかかった時、誤って地面に激突したのだと思う。以前日本でクマタカが林道脇で死んでいるのを見つけたことがあった。これも獲物を追いかけて林道の法面に激突して死んだものと考えられた。今回のMartialは脳震盪を起こしただけで事なきを得た。

立ち上がったが、獲物はなかった

猛禽類も楽々と獲物を手に入れている訳ではない。特に獲物が鳥類の場合には、地上すれすれまで猛スピードで突っ込んで行くので、地上への激突の危険性も高い。どこまで猛スピードで突っ込めるかで狩りの成功率は変わるだろう。成功率を上げるためには危険度も高まる。厳しい選択だ。

✳ 23日にアフリカを発ち、24日夜に日本に戻りましたが、もう少しアフリカの動物についての報告を予定しています。

Posted in 伊吹の野生だより Tagged , ,

肉食獣に怪我はつきもの

今回1カ月の間に怪我をしているライオンを2頭も見た。1頭は左脚首辺りが裂けてぱっくりと口を開け、傷は奥のほうまで達している。人間なら何針も縫う大怪我であるが、このライオンは歩いても怪我をしていることをほとんど感じさせない。雌2頭で行動しているので、獲物が捕れずに困ることもないだろう。

別の1頭は、右後脚を引きずるように歩いていて具合が悪そうだ。少し距離があるので怪我の詳細はわからないが、立ったり座ったりするのもやりにくそうだ。この状態では獲物を捕獲するような激しい動きはできないだろう。単独で周りに仲間はいない。インパラが近くを通っても狩をする素振りは見せなかった。傷が癒えるのを静かに待つのだろうか?このライオンのこれからの行動が気になるところだ。

肉食獣の怪我の頻度は高いのではないかと思える。ライオンなどの大型肉食獣は、自分よりも大きな動物も度々捕獲するので、狩りは非常に激しいものになる。角を持った動物も多いので角で突かれたり脚で蹴られたり、油断すると自分の生命も危ない。強いということばかりが強調される肉食獣だが、彼らも死と隣り合わせで狩りに挑んでいるのだ。

Posted in 伊吹の野生だより Tagged

毒ヘビ、樹上で生活

枝を伝って移動する

世界最強クラスの毒ヘビ、ブラックマンバ。「噛まれたら30分以内に血清をうたなければ死んでしまう」と現地の人に聞いたことがある。30分というのが事実かどうかはわからないが、非常に強い毒を持っていることは確かだ。

ブラックマンバにはこれまでに何度かお目にかかった。1度目はジンバブエの国立公園内の道路だった。長さが3mほどもある大きなもので、素早く道路を横切っていった。また、捕獲した2,5mほどのブラックマンバを間近で見たこともある。その後も道路を横切るのを2回くらい見た。

今回はクルーガー国立公園のレストキャンプ内で、人や車が通る道脇の木に登って枝の上でとぐろを巻いていた。1.8mくらいの大きさなので、4m以上にもなるブラックマンバとしては小ぶりなほうだと思う。大勢の人が木の下に集まってブラックマンバを見ていた。

日本なら人の集まるレストキャンプのようなところへ毒ヘビが出てきたなら、すぐに捕獲されるだろう。アフリカではどうするだろうかと興味があった。

ブラックマンバの語源は、口の中が黒いことからきているらしい。舌も黒い

2日後、そのレストキャンプに行くと、同じ木の下で数人が上を見ている。ブラックマンバが前回と同じ木の上にいた。枝を伝って少しずつ移動している。数羽の小鳥がヘビの周りに来て騒いでいる。その4日後には、2本隣の木に移っていた。枝が重なり合っているので、枝伝いに移動して来たのだろう。5日以上も木の上で暮らしている。

アフリカではブラックマンバを木から落としてまでは捕獲はしなかった。レストキャンプと外の原野をヘビは行き来できるので、1匹を捕獲したところでレストキャンプ内が安全というわけではない。

自分の身の安全は自分で十分注意して、自己責任で行動すべし、ということだ。

Posted in 伊吹の野生だより Tagged

地味だが鳴き声は派手な鳥

大きく口を開いて派手に鳴く

ブッシュの中では見つけるのが困難な地味な色彩の鳥、Redcrested Korhaan。普段の動きは超スローモション。風にそよぐ草や枝に擬態しながら歩いているのだと思う。体色がブッシュの中では目立たない迷彩色なので、大きく素早い動きをしなければ外敵に見つかりにくい。ところが雄の鳴き声は、非常に大きく変わった声を出す。

カチッ、カチッ、カチッと響き渡る音がするので、周辺で工事でも行われているのかと見回すが何もない。その後続けてピィカチッ、ピィカチッという声に変わり、ようやく鳥の声だろうと分かった。ブッシュの中に立ち尽くして鳴いている1羽のKorhaanがいた。縄張り宣言なのか雌を呼ぶ声なのか、かなり大きな声なので遠くまで届いているだろう。

この声に注意していると、遠くのあちこちから鳴き声が聞こえていることに気づいた。Korhaanも繁殖期に入ったのだ。

Posted in 伊吹の野生だより Tagged