ニュースタグ: カワウ

中部近畿カワウ広域協議会

中部近畿カワウ広域協議会において、「中部近畿のカワウ管理,次のステージへ ~中規模コロニーの個体数管理事例~」題して、弊社須藤明子が講演を行います。 ■日時:2016年10月13日(木) ■備考:非公開

Posted in お知らせ Tagged

朝日新聞ひと欄掲載

今朝の朝日新聞全国版のひと欄に、弊社獣医師として須藤明子が紹介されました。

Posted in お知らせ Tagged

シンポジウム『これからの狩猟と管理捕獲を考える』

2013年5月18日(土)に岐阜大学で開かれるシンポジウム「これからの狩猟と管理捕獲を考える」に、弊社より須藤明子がパネリストとして参加、近隣県発の最新情報として「滋賀県におけるカワウのカリング実績 ~専門的・職能的捕獲 … 続きを読む

Posted in お知らせ Tagged

平成24年度鳥獣被害対策優良活動表彰受賞

農林水産省「平成24年度 鳥獣被害対策優良活動表彰」において、弊社が実施している琵琶湖のカワウ対策(滋賀県水産課事業)が生産局長賞(団体の部)を受賞しました。 ■報道資料 http://www.pref.shiga.lg … 続きを読む

Posted in お知らせ Tagged

野生動物管理のための狩猟学

共著 須藤明子(株式会社イーグレット・オフィス)「カワウにおける個体群管理のための捕獲」 編集 梶光一・伊吾田宏正・鈴木正嗣 発行 2013年 朝倉書店 内容 本書は、2010年7月17日に東京農工大学において開催された … 続きを読む

Posted in 書籍・出版物 Tagged

岐阜から生物多様性を考える

共著 須藤明子(株式会社イーグレット・オフィス)「カワウとイヌワシと生物多様性保全」 監修 小見山章 編集 小見山章・荒井聡・加藤正吾 発行 2012年 岐阜新聞社 内容 2010年、岐阜大学において「岐阜から生物多様性 … 続きを読む

Posted in 書籍・出版物 Tagged

Vol.45 カワウ:生息数と魚の関係

琵琶湖に浮かぶ竹生島。カワウの活動は夜明けを待ちかねていたかのように始まる。 星の瞬く夜空が少しずつ白み始めると、カワウはねぐらから採食地を目指して次々と飛び立っていく。第一陣は空を透かしてかろうじてその姿が確認できる程 … 続きを読む

Posted in ネイチャーエッセイ Tagged

Vol.44 カワウ:環境への適応力「地上営巣」

カワウの過密な営巣によって竹生島のほとんどの樹木が枯れ始めている。 カワウの巣の下では、糞によって植物や地上が真っ白になっている。葉が糞に覆われて光合成ができなくなったり、土壌中の成分の変化などによって樹木が枯れると考え … 続きを読む

Posted in ネイチャーエッセイ Tagged

Vol.43 カワウ:琵琶湖で激増

近年、イヌワシやクマタカなどの猛禽類が自然環境の悪化とともに減少しているとは逆に、個体数が増加している鳥類がいる。 全身真っ黒な水鳥、カワウがその一つである。カワウの生息地である河川や湖沼の状態が、以前と比べて良くなって … 続きを読む

Posted in ネイチャーエッセイ Tagged