ニュースタグ: 伊吹山

ニホンジカ、侵入防止策の向こうで…

集落に張り巡らせてある野生動物の侵入防止柵の向こうで、一頭の若い雌ジカが恨めしそうに田畑を眺めている。今の季節、田畑はまだ雪に覆われていて食べるものはほとんどない。食物を求めているのではなく、行く先にフェンスがあって阻ま … 続きを読む

Posted in 伊吹の野生だより Tagged , , ,

雪解けに合わせて高標高地へシカが戻り始めた

雪とともに低標高地へと移動していたニホンジカが、雪解けとともに高標高地へと移動している。雪解けの早い南斜面や急傾斜地では、山肌があちらこちらで露出している。シカたちは素早くそういうところへ進出して、雪に埋もれていた植物を … 続きを読む

Posted in 伊吹の野生だより Tagged , , ,

道路を渡りたかったカモシカ

県道を車で走っていると道路脇の雪の上にカモシカが立っていた。自動車が時折行き交う道路を横断して対岸の山へと行きたいらしい。集落内を通ってここまで出てきたのだ。道路を渡るとその向こうには川がある。川を渡ると林になっていて山 … 続きを読む

Posted in 伊吹の野生だより Tagged , , ,

霧に覆われた1日

冬型の気圧配置が緩み、高気圧に覆われてきたので山に出かけた。早朝は快晴だったが、目的の場所に到着した頃には霧に覆われて視界が全くなくなってしまった。こういう時は平地では晴れ間が続いていて、山のそれも一部分だけに霧が発生し … 続きを読む

Posted in 伊吹の野生だより Tagged , , ,

シカは山を下った

先日の雪で山は1m以上の積雪になった。標高の高いところにいたニホンジカは、ほぼすべて雪の少ない山麓へ下っている。今は雪に覆われて真っ白な斜面にシカの姿はない。 午後になって、山麓への移動が遅れた1頭の雌ジカが現れた。山麓 … 続きを読む

Posted in 伊吹の野生だより Tagged , , ,

滋賀民報でエッセイの連載が始まります

自然と共に「伊吹の野生を撮り続けて」と題して、写真家須藤一成のエッセイ連載が滋賀民報で始まります。月1回、年12回の連載となります。お楽しみに! ■滋賀民報 http://shigaminpo.com/ ■2017年1月 … 続きを読む

Posted in お知らせ Tagged

オレンジカモシカ親子の再会

オレンジカモシカは朝から子カモシカと一緒にいる。秋には子カモシカと別々に暮らしていたのだが、冬になって一緒にいるのを見ることが多くなった。 秋はカモシカの繁殖期だ。雄カモシカがオレンジにつきまとっているために、子カモシカ … 続きを読む

Posted in 伊吹の野生だより Tagged ,

奥山にも沢山のゴミが…

人気の無い山奥に、何やら白っぽい墓石のようなものが林立している。これは、植樹した苗木にプラスチックの筒を被せて、シカやカモシカが食べないようにしたものだ。遠目にも沢山の白い棒状のものがよく目立つ。一見不気味な印象だ。 1 … 続きを読む

Posted in 伊吹の野生だより Tagged ,

オレンジカモシカ、昨年に続き出産

昨年に続いて今年も出産するのではないかと期待した通り、オレンジカモシカは子カモシカを連れて現れた。子カモシカは、母親にぴったり張り付いているかのように寄り添っている。母親も子カモシカの様子を見ながらゆっくりと歩いている。 … 続きを読む

Posted in 伊吹の野生だより Tagged , ,

アナグマ君のニアミス

オオルリやクロツグミ・キビタキなど、夏鳥たちの囀りが賑やかだ。雄のヤマドリ2羽が羽毛を逆立てて、ガサゴソと草むらで戦っているのが見え隠れしている。 背後で枯れ草を掻き分ける音がかすかに聞こえた。そっと振り向くと十数メート … 続きを読む

Posted in 伊吹の野生だより Tagged , ,