岐阜から生物多様性を考える

岐阜から生物多様性を考える

共著 須藤明子(株式会社イーグレット・オフィス)
「カワウとイヌワシと生物多様性保全」
監修 小見山章
編集 小見山章・荒井聡・加藤正吾
発行 2012年 岐阜新聞社
内容 2010年、岐阜大学において「岐阜から生物多様性を考える研究会」が、4回にわたり公開で行なわれた。毎回、研究者が自らフィールドで調べた結果を発表し、高校生を含めたフロアと講演者との活発な議論が交わされ、ともに生物多様性について「考える」貴重な機会となった。この研究会の内容をまとめたのが本書である。
Posted in 書籍・出版物 Tagged