伊吹山のイヌワシ繁殖状況2024年4月10日



4月10日、雛が孵化している。雛は見えないのだが、母ワシの動きから雛への給餌をしていることがほぼ確実だ。5分間くらいの給餌行動が5回観察できた。

巣には獲物があるので少し安心だ。雄ワシは、雛と雌ワシのために狩りにでかけて今日は巣には来なかった。上空でヤマドリを追っている姿を見ることができた。最初の急降下攻撃で捕獲に失敗して、逃げるヤマドリを追っているのだ。しかし、水平飛行ではヤマドリがイヌワシを引き離して谷間を横切って見えなくなった。残念ながら狩りは失敗した。

今朝は冷え込んで霜が降りたが、日中は風も穏やかで気温がぐんぐん上がって暑いくらいだ。暖かい時間帯を利用して、雌ワシは巣を離れて一時的に休息していた。巣から飛び立った後に飛びながら勢いよく糞を飛ばした。親ワシは巣ではほぼ糞をしない。外へ飛んでいって糞をする。時には巣から飛び立って旋回しながら糞をして、すぐに巣に戻ることもある。

夕方気温が下がり始めると、雌ワシは姿勢を低くしてしっかりと雛を保温している。雌ワシの姿は遠くからは全く見えなくなった。

※ 「伊吹山のイヌワシ観察会」は2024年5月12日に開催予定です。
来週に案内を出す予定です。

伊吹山のイヌワシ繁殖状況2024年3月末



3月22日と31日に抱卵を継続しているのを確認した。抱卵交代が1日に2〜3回行われ、雄も雌に代わって時々は卵を温めている。
雄も意外と熱心で、雌が戻って来ても抱卵姿勢のままなかなか立ち上がらない。そのうちにしかたないとばかりに立ち上がって飛び去って行く。雄は狩りをして、雌の分まで捕獲しなければならない。繁殖の継続には雄の狩りがうまく行くかどうかにかかっている。

22日と31日の両日とも、朝は空腹で夕方になって雄のそのうが膨れて、獲物を食べたことがわかった。雌に獲物が運ばれたかどうかはわからない。
少なくとも雄ワシは2日とも獲物にありついているので、今のところ順調に獲物を捕獲できているようだ。

※ 「伊吹山のイヌワシ観察会」は2024年5月12日に開催予定です。
来週に案内を出す予定です。

伊吹山のイヌワシ繁殖状況2024年3月12日



2月29日に昨年とは別の巣で抱卵しているのを確認した。昨年使用した巣では2月初旬まで巣造りが見られたが、それ以降イヌワシペアはこの巣へまったく来なくなった。別の巣での繁殖が予想されたので、繁殖を妨害しないよう遠方からの観察でようやく抱卵している巣を見つけた。
2月24日にはペアで飛行しているのを観察しているので、第1卵の産卵は25〜28日だと推測される。昨年とほぼ同じである。

新しく設置したライブカメラの巣ではなく、予想しなかった巣での繁殖だった。残念ながら今年の子育てライブはできなくなったが、繁殖状況は1〜2週間に1回程度お知らせします。

3月11日にも抱卵を継続しているのを確認した。この日は雌雄が抱卵を交代するのを2回観察できた。雄ワシと抱卵を交代した雌は、長時間の抱卵姿勢から解放されてくつろいでいた。
雄ワシが運んでくる獲物が少ないせいか、雌ワシは糞をしてもほとんど出てくるものがなかった。今冬の観察ではそのうが膨れているのを見ることが多く、結構獲物にありついているので、今のところ餌不足の心配はないだろう。
積雪がなくなって獲物を探しにくくなるこれからが雄の狩りは大変になるだろう。

※「伊吹山のイヌワシ子育て生中継2024」は3月1日で配信を終了しました。
※ 「伊吹山のイヌワシ観察会」は2024年5月12日に開催予定です。

伊吹山イヌワシライブ配信開始

昨年に続いてイヌワシ子育てのライブ配信をします。
「伊吹山イヌワシライブ2024」は2月3日7時から公開です。
このイヌワシライブはイヌワシの現在の生活をありのままに配信しています。見ることに耐えられない方は視聴を中断してください。

イヌワシペアは現在巣造り中です。巣造りの様子等は1月29日にアップした「伊吹山のイヌワシ2024年の巣造り情報」をご覧ください。

※「伊吹山のイヌワシ観察会」は2024年5月12日に開催予定です。

伊吹山のイヌワシ2024年の巣造り情報



2023年、伊吹山のイヌワシペアは、雛を巣立たせることができず非常に残念だった。今年は繁殖するのかどうかまだ分からない。幼鳥の分まで獲物を捕獲する必要がなくなってペアの負担はかなり軽減しただろう。次の繁殖に向けての体力も回復しつつあると思われる。
2023年の10月には使用するとは思えないいくつかの巣で巣材運びが見られた。おそらく本格的な巣造りというよりも、雌雄のディスプレイ行動の一つだろうと考えている。
11月になってからは、2023年の繁殖に利用したN5(ニーナの巣)に巣材を運びはじめた。巣造りは雄が主導している。雄が何回も巣材を運んでいるうちに時々雌も巣にやって来る。最初のうちは雌は巣材を持たずに巣のチェックに来ているように見えた。昨年の育雛中に、巣に落石があったことを恐れているようで、崖の上を凝視していることがあった。
使用する巣の決定権は雌雄のどちらにあるのかは分からない。雌がその巣を受け入れるかどうかで決まるのだと思う。雌にその巣を気に入ってもらうために、雄は巣造りに勤しんでいる。

N5は巣の上にオーバーハングがなく、落石や降雪、風雨にもさらされるので条件のいい巣とは言えない。オーバーハングがあって安全な巣は別のところに2つあるのだが、どちらも巣の前面に灌木が茂り、出入りができなくなっている。
その2つの巣を秋に整備して、出入りが容易にできるようにしたにもかかわらず、今のところ巣材は運び込まれていない。
1つの巣(N3)は使用しなくなって10年が経っている。灌木に覆われ、巣材は崩れ落ちて全くなくなっていた。今では使用巣の選択肢にも入っていないので、この巣を使用するまでには時間がかかるかもしれない。巣の土台を木の枝を組んで作っておいたので、イヌワシがその気になれば巣材を積み上げすぐにも使用できるだろう。
もう1つの巣(N4)は、2年使用していない。それより前からかなり出入りが困難だったので、使用したりしなかったりと使いづらい巣であった。今回の整備でかなり出入りしやすくなった。

12月、1月とイヌワシペアはN5に本格的に巣造りをしている。何度か巣の上に少し積雪があったが気にしていない様子だ。しかし、1月24〜25日は80cmの積雪になって、イヌワシペアはかなり戸惑っている様子だ。
暖冬で暖かい日が続けば雪解けは早いが、長く残るようなら巣場所を変えるかもしれない。今後の動向が気になります。

※「伊吹山のイヌワシ子育て生中継2024」は2月3日から公開予定です。
※ 「伊吹山のイヌワシ観察会」は2024年5月12日に開催予定です。

第2回伊吹山イヌワシ観察会

伊吹山のイヌワシを現地で観察し、イヌワシの暮らしや自然環境について肌で感じてもらうための企画です。

伊吹山は朝から晴れ渡り、空気が澄んで遠くまで綺麗に見渡せる絶好のコンディションです。
9:30、観察地に到着して観察開始です。肌寒いですが、太陽の明るい光が体を温めてくれます。皆が真剣にイヌワシを探します。イヌワシが飛び回るのに十分な風が心地よく吹いています。
イヌワシの第1発見者は誰になるでしょうか?付近にはまだイヌワシの姿が見当たりません。

イヌワシ探索開始

10時過ぎくらいに参加者の一人が大きめの猛禽が飛んでいるのを発見。しかし、すぐに見えなくなって種類を識別することができませんでした。
それから間も無く遠くの木に止まっているイヌワシ1羽をスタッフが発見。30分ほど経って飛び立ち、高度を上げて飛行中にもう1羽が合流。雄と雌で飛行し、急降下で別の1羽に襲いかかるような飛行を2〜3回繰り返しました。雌雄の求愛ディスプレイ飛行と思われました。

イヌワシペアで岩場に止まる。上が雌、下が雄

伊吹山2回目でイヌワシを見れてガッツポーズのともさん

写真集の昔のサインの上に再度サインを入れました

その後ハヤブサが出現し、急降下で小鳥に襲いかかったようでしたが、遠くの斜面バックで見えなくなりました。ハヤブサは何度か出現し、チョウゲンボウがモビングを繰り返す場面がありました。

11:30頃、イヌワシペアが岩に止まっているのをスタッフが発見。12:19に飛び立って見えなくなりました。その後も2回、ペアでの出現がありました。ペアで巣材を取って運ぶのが見られました。

山頂登山組は13時に駐車場を出発して西遊歩道を登っている途中に、眼下を飛行するイヌワシを見ることができました。9合目の展望台では西からの非常に強い風に煽られて、スマートな皆さんは吹き飛ばされそうになっていました。体重のある僕でさえ、まっすぐ歩くつもりが風に流されて斜めに歩いていました。

西遊歩道を登山

強風の9合目展望台

観察地点に戻り観察組と合流して残り時間30分間、最後の出会いを期待して観察。15:18にイヌワシ1羽が滑翔して現れました。夕陽に翼を輝かせながら飛行して尾根裏へ消えていきました。

記念撮影のあとファーストディスカバリー賞の発表です。今回イヌワシと識別できた発見は全てスタッフでしたが、最初に種不明の大型猛禽の発見があり、その付近を探してイヌワシ止まりの発見に繋がったということで、種不明大型猛禽発見者の谷繁さんがファーストディスカバリー賞に決まりました。
おめでとうございました。
第1回に続き、谷繁さんも双眼鏡を持たない、しかしじっくり探すタイプの人でした。

第一発見者は谷繁さん

ファーストディスカバリー賞

今回の観察会で、イヌワシの求愛ディスプレイや巣材運びなどが見られ、来年の繁殖に向けた活動が始まっているのが確認できました。
また山頂への登山途中から一望できるイヌワシの行動圏内に、イヌワシが利用できない鬱閉した人工林がかなりの面積を占めているのを目にすることができました。

この日の観察会の様子を歩人倶楽部さんがYouTubeにアップしてくださいましたのでご覧ください。

第3回伊吹山イヌワシ観察会は、11月19日です。案内は近日中にお知らせします。

第1回伊吹山イヌワシ観察会の開催

イヌワシ子育てライブで大空を舞うことができなかったニーナ。その両親であるイヌワシペアを観察する企画です。現地での観察で、イヌワシの暮らしや自然環境について肌で感じてもらうことができたと思います。

バスで伊吹山ドライブウェイを登っていく

9:30、強風と霧の中で、耐えることからイヌワシ観察が始まりました。徐々に霧の合間から山並みが姿を現し、やがて視界が開けてきました。今日の観察会でイヌワシの第1発見者に贈る「ファーストディスカバリー賞」をかけて皆が真剣にイヌワシを探します。

霧と強風の中で、イヌワシの出現を待つ

双眼鏡の基本的な使い方を説明する

11:15、「あっ、あれは何」との声にスタッフがすぐに双眼鏡に捉えて、イヌワシであることを確認しました。谷間を飛行し、小さな尾根の裏に消えた。一瞬の動きで、この時イヌワシを見たのは2人だけでした。
11:24、尾根裏に消えたイヌワシが上昇してきたのを発見。ゆっくりと飛行して霧の中に入って見えなくなった。この時のイヌワシはほとんど皆が観察できた。
11:59、岩場に止まっているペアを確認。遠いがスコープでペアの様子を見ることができた。

岩場に止まるペアを発見

昼になってもペアで止まっているので、目を離して昼食に行くことができない。12:40になってようやく昼食に山頂駐車場の食堂へとバスが出発した。弁当持参組は観察地でワシを見ながら弁当を食べる。
食べ終わってまもなく、強い風と雨が降り出した。避難するバスはここにはない。カッパを着て耐える人、僕は強風に傘がおしゃかになりそうになりながらも傘をさして何とか凌いだ。
雨が止んですぐにバスは戻ってきた。皆でまだ止まっているイヌワシを観察。風雨に耐えた人たちは、寒さを克服した。もうそれほど寒いとは思わなくなったらしい。標高1,000mの山で、初めてのイヌワシ観察の方が多い中で、これほど忍耐強く観察してもらえるとは思っていなかったので、僕はそのことに感動した。これもニーナの威力です。
参加者の皆さんには自然の厳しさと、そこで暮らす野生動物の大変さを身をもって感じてもらえたと思います。

イヌワシを観察する

その後もイヌワシペアは出現し、獲物を探しての飛行や急降下する姿などを観察することができました。
15:45、名残惜しい気持ちの中、遠くの木に止まっているイヌワシに見送られながらバスで伊吹山を下山しました。

第1発見者の近藤さん

ファーストディスカバリー賞

この日のイヌワシの行動の映像を、参加者のKaoruさんが撮影してYouTubeに映像をアップされているのでご覧ください。「伊吹山イヌワシ観察会-2023-10-15」で検索してください。

第2回伊吹山イヌワシ観察会案内

第2回伊吹山イヌワシ観察会のお知らせ

イヌワシ観察会、天気になあれ

10月15日の「伊吹山イヌワシ観察会」、天気予報が少し危うくなってきた。
少し雨マークが表示された。天気がいい方に転ぶことを期待したい。

「イヌワシライブ」と「アナグマハウスライブ」の視聴者の方が、観察会の好天を祈って大きなてるてる坊主を作ってくださいました。
気温が下がり始めた伊吹山に合わせて、毛糸のマフラーをつけています。

今後のイヌワシ観察会は、冬期を除いて月1回程度の開催を予定しています。第2回は10月29日です。

第2回伊吹山イヌワシ観察会案内

第2回伊吹山イヌワシ観察会のお知らせ

第2回伊吹山イヌワシ観察会のお知らせ

ニーナの両親と伊吹山で会いましょう

「第2回伊吹山のイヌワシ観察会」を10月29日(日)に開催します。
秋の訪れとともに気温がぐっと下がり始めました。イヌワシは次の繁殖に向けてディスプレイ飛行など活動的に行動を始めます。
伊吹山ドライブウェイからイヌワシペアを探して観察します。秋の澄み渡った空気の中でアルプスや白山の山並みが遠望できます。冬鳥として訪れたノスリやハイタカなどいろいろな猛禽類を観察することができます。
多くの方々の参加をお持ちしています。

イヌワシ観察会は今後、冬期を除いて月1回程度の開催を予定しています。次回は11月19日を予定しています。

第2回伊吹山イヌワシ観察会案内
第2回イヌワシ観察会案内

参加申込書
第2回イヌワシ観察会参加申込書

切り株の中でハクビシンが子育て

伊吹山のイヌワシが今年使用した巣はオーバーハングがなく、雨や雪が直接降りかかり落石までもが巣を直撃した。条件の良い巣を使用できるようにしたいと、かつて使用した巣や周辺の状況を確認するために山に登った。シカの食害で急傾斜の沢は頼れる植物がなくて渡るのに苦労する。そんな沢筋で持っていた杖代わりの棒を落としてしまった。杖は10mほど滑り落ちて止まった。
特に高価なものではなく、まっすぐな木の枝を見つけて使っていただけだが、長年使っていると愛着が湧いてくる。春にはタラの芽をこの杖で引き寄せて採集し秋にはアケビを引き寄せた。この杖を持っているとクマとも戦えそうな気がしている。なんとか回収しようと試みるが、もう少しのところで手が届かない。そのうちに足元から転げ落ちた石が杖に当たって、杖はさらに滑り落ちた。これで杖のことは諦めるしかない。
さらに前に進むために、この沢を渡るルートを探して上へ下へと歩いているうちに杖の近くへと出た。灌木の枝を頼りに杖まで手が届いた。この杖とは縁があるらしい。そしてこの沢を渡れるルートがそこにあった。

かつて使用していた巣は低木がまわりを覆って、イヌワシが出入りできる状態ではない。巣からも細い木が何本も伸びている。ここを整備してイヌワシが出入りできるようにするのは大変な作業になりそうだ。
今日のところは下見だけで、後日また別の巣も何ヶ所か見て回らなければならない。天気がいいので帰りは違うルートでのんびりと山歩きして戻ることにした。
林の中の地上にアナグマかキツネが掘った巣穴が所々にあった。今は使っていないものや、中の土を掘り出して今巣穴の中にいるのではと思えるようなものなどいくつもの巣穴を見掛けた。どの巣穴もまわりに出入り口が見当たらず、出入り口は1ヶ所だけのようだった。この辺りは岩場が多いので穴を掘りにくいのかもしれない。

山を下り谷底近くまで来た時、苔むした割と大きな1つの切り株に目が止まった。上の部分に穴があいて中が空洞になっているようだ。雨が降ったら吹き込むし出口も上にしかない穴の中にまさか動物が入っていたりしないよなと思いながら覗き込むと、すぐ目の前にハクビシンの不安そうな顔があった。
今度は携帯のカメラでそっと中を覗く。こちらに目と耳を向けて警戒する母親のそばに子供がいる。母親のハクビシンは逃げるに逃げられない状況だったのだ。
子供は何頭いるのだろう、この後どんな行動をするのかなど知りたいことは多いのだが、不安そうな表情とこちらへ目と耳を向けて警戒する姿に、もうこれ以上覗き見ることはしたくない。撮影するなら出直して、少し離れたところからこちらを警戒していない姿を撮りたいなと考えながら下山した。