Vol.27 アフリカ撮影記 Ver.4

快晴の大空を飛翔するブラックイーグル

漆黒の全身に、背中から腰にかけてX字に交差する純白の羽毛の帯。くっきりとしたコントラストが青空に映える。ブラックイーグルが美しく大空を舞う。

僕が日本で追い続けている華麗なる飛行家イヌワシは非常に魅力的なワシであるが、ブラックイーグルもまたすばらしい飛行技術の持ち主である。飛行する姿が世界で最も美しい鳥と研究者に言わせたブラックイーグルは、空中の一点に停止する停空飛翔や波状飛行はもちろんのこと、宙返りもするというから一度この目でじっくりと見たいものだ。僕がイヌワシの次に撮影したいとあこがれ続けていたのがブラックイーグルなのだ。

キャンピングカーで生活しながらブラックイーグルを探し、自分の目でその行動を観察して撮影に挑む。ブラックイーグルはどんなふうに生活しているのだろうか。出会いが楽しみだ。

ブラックイーグルはごつごつと岩肌がむき出しになった丘のような岩山で暮らしていた。彼らを探すのはそれほど難しいことではなかった。日本でイヌワシを始めとした猛禽類を長年観察して身に付いた勘に狂いはなかった。1週間の滞在で20ペアの営巣地を発見し、彼らの行動をじっくりと観察することができた。

僕が訪れた8月末から9月の初めは、育雛期であった。ペアによってヒナの生長段階には1ヶ月以上の差があった。早く生まれたヒナは、茶色い風切羽などの羽毛が生えそろいほとんど一人前のように見える。遅いものでは、まだ羽毛が生えずに全身が白い綿毛で覆われている。日本のようにはっきりとした四季のないジンバブエでは、ペアごとに繁殖時期が大きくずれている。日本のイヌワシでは、同一地域であればほぼ1週間以内のずれである。日本では、野生動物たちは季節の変化に合わせて正確に行動しているのだとあらためて納得する。

ジンバブエでは四季の変化よりも、乾期と雨期という2つの季節の影響を大きく受けている。ブラックイーグルの産卵から育雛は乾期に行われる。毎日が雲ひとつ無い快晴である。今は冬期でなので気温は少し低めである。特に朝は10度以下にまで冷え込むために防寒服が必要だ。しかし、日中は30度近くまで気温が上がり汗ばむ陽気になる。それでも乾燥しているためにさらりとして過ごしやすい。

ブラックイーグルはいつもペアで現れた。付かず離れず飛行し、同じ岩や木に止まる。彼らは、僕が今までに見たどの猛禽よりもペアで行動することが多かった。ペア行動の多さは、彼らが生きていく上で最も重要である獲物の確保、すなわち狩りの成功率を高めることに役立っていると推測されるが、確固たる証拠は今のところ得られていない。

ブラックイーグルの獲物のほとんどが岩山に住むハイラックスである。危険が迫ると近くの岩穴に素早く逃げ込むハイラックスとブラックイーグルペアの攻防が毎日繰り返される。

Posted in ネイチャーエッセイ Tagged ,