ニュースタグ: 野生動物

雪のない斜面伝いに山を登るニホンジカ

暖冬でニホンジカは例年より標高の高いところにとどまっている。伊吹山の標高1,000mあたりでも、急傾斜地の雪は風で吹き飛ばされて積もりにくいので、すでに地肌が露出しているところが多い。シカたちはそうした場所に集まって採食 … 続きを読む

Posted in 伊吹の野生だより Tagged , ,

水たまりに集まるカラハリ砂漠の野生動物

19日の深夜に帰国した。今回の撮影で一番気になっていたことは、雨のことだった。今までは乾季に訪れることが多く、天気を気にすることなく毎日が晴れだったが、今回は雨季の真っ只中。雨による植物の芽吹きや、動物たちの行動の変化が … 続きを読む

Posted in 伊吹の野生だより Tagged , , , ,

誰かに似ているCape Fox

Cape Foxは主に夜間活動するためか、姿を見る機会は少ない。ある時、Cape Foxが巣穴の前で昼寝をしているのに出会った。眠そうに目を開けてこっちを見ている。大きな耳がピンと立ち、整った綺麗な顔をしている。顔はこっ … 続きを読む

Posted in 伊吹の野生だより Tagged , , ,

「竜巻とともに去りぬ」Martial Eagle

午後になると竜巻がよく起こる。竜巻といっても小規模なもので竜巻と呼べるのかどうかわからないが、風が渦状になって砂や落ち葉などを巻き上げながら移動していく。渦の中は結構な上昇気流が起きている。この竜巻は数百m移動して突然消 … 続きを読む

Posted in 伊吹の野生だより Tagged , , ,

サプライズな誕生祝い

南アフリカのカラハリで年越しをし、その後1月8日には誕生日もカラハリで迎えた。自分の誕生日のことなどすっかり忘れてしまっていたのだが、夕食をロッジのレストランで食べ終えた時、レストランの奥のほうからアフリカンな手拍子とパ … 続きを読む

Posted in 伊吹の野生だより Tagged ,

出会いはいつも寝ぼけた顔の Giant Eagle Owl

ピンクのアイシャドーを塗った大きなフクロウ、Giant Eagle Owl。出会いはたいてい昼間であるためか、いつも眠そうな顔をしている。せっかくのアイシャドウもこの寝惚け眼では台無しだ。 昼間、大木の中枝にひっそりと止 … 続きを読む

Posted in 伊吹の野生だより Tagged , ,

冷蔵庫は共同利用が便利?

Kgalagadi Transfrontier parkのゲートを出て6kmほどの所にあるKgalagadi Lodge で小さなシャレーを借りて宿泊している。キッチンは部屋の中ではなく外側に付いている。冷蔵庫ももちろん … 続きを読む

Posted in 伊吹の野生だより Tagged ,

ライオンの通せんぼう

Park内を走っていると、ギョッとする光景に出会った。前方にある車の前にライオンが3頭も倒れている。 何かあったのかと思いながら近付くと、何のことはないライオンが日陰に止まっている車の前で長く伸びて寝転がっているのだった … 続きを読む

Posted in 伊吹の野生だより Tagged , ,

アフリカから謹賀新年

今年は、南アフリカで年を越した。日本の年末のような慌ただしさは感じられず、正月休みもなく元日から普通に仕事が始まった。日本の年越しのような特別さはあまり感じられなかったが、これは僕が南アでは旅人であることが大きく影響して … 続きを読む

Posted in 伊吹の野生だより Tagged , , ,

Ostrich(ダチョウ)は子だくさん

Ostrichのペアが時折雛鳥を連れて歩いているのを見かける。背が高く大きな親鳥とは比べ物にならないほど小さな雛たちが、草陰から次々と出てくる。ヒナの数を数えてみると、なんと33羽もいるではないか。1羽の雌が33個も卵を … 続きを読む

Posted in 伊吹の野生だより Tagged , , , ,