オレンジカモシカ7回目の出産

山はすっかり淡い緑の新緑に覆われた。小鳥たちは巣造りや育雛で忙しそうに飛び回り、夏鳥たちは繁殖地にたどり着いてにぎやかに囀っている。
オレンジ色のカモシカは、今年も子どもを産んだ。先日12日に確認したのだが、臍の緒は乾燥して短くなっているので2〜3日前に生まれたと推測される。オレンジは12歳になり、7回目の出産だ。
子カモシカはオレンジの周辺を走り回って元気にしている。まだ足元はおぼつかないが、引っかかる灌木を振り払って進んで行く。
昨年の子カモシカは、生まれた日の夕方から雨となって3日間降り続いた時に死んでしまった。今年は出産後は良い天気が続いている。しかし、天気予報ではこれから雨となって2〜3日降り続く予報だ。
昨年は生まれてすぐの雨だったが、今年はすでに数日が経過しているので問題はないと思う。が、少し心配だ。

今日は雄のカモシカが現れ、オレンジ母子のところに近づいて来た。雄は子育てには全く関与しないので、発情期ではないこの時期に母子のそばに出てくることは少ない。オレンジに擦り寄って行くが、ほとんど相手にされなかった。顔を近づけて挨拶を交わした後、雄カモシカは足早に斜面を下って去って行った。


丘の上のアナグマハウス 4月21〜30日

巣穴のまわりにはいろんな動物がやって来る。今回新たにハクビシンとニホンリスが出現した。巣穴を利用するタヌキやアナグマは、巣穴に興味津々で、覗き込んだり少しずつ奥へと入ってみたりしながら、におい付けをして去って行った。
巣穴は、カマドウマが集団でねぐらにしている。夕方暗くなると穴から出て、四方八方へと分散して行く。明け方には巣穴へと戻って来る。これが毎日繰り返されている。
普通にビデオを再生している時には、カマドウマに気づかなかったのだが、50倍速くらいで早回しすると、続々と巣穴から出て来たり帰って行くのが見えてくる。
カマドウマを狙って、コウモリが毎日のようにやって来る。カマドウマを捕食しているのはコウモリだけでなく、タヌキも食べていた。
タヌキは4月18日にも現れた、1頭が左後脚を怪我している夫婦だ。恐る恐るではあるが、体全体が隠れるまで巣穴に入って様子を見ていた。


丘の上のアナグマハウス 4月16〜20日

4月16〜20日の間にキツネ・アナグマ・ノウサギ・タヌキが巣穴近くに現れた。
キツネは4月11日の個体と同一で、右前脚を怪我している。
アナグマは、夜と朝に出現した。巣穴のまわりに下腹部を擦り付けるようにマーキングし、巣穴を覗き込んで去って行った。
ノウサギが丘の上を通過した。
夫婦と思われるタヌキが交互に巣穴に入ってしばらく様子を見て去って行った。巣穴をかなり気にしている。


丘の上のアナグマハウス 4月11〜15日

伊吹山山麓にあるアナグマの巣穴を無人カメラで観察。
巣穴は10mほど離れたところにもう1つあって、近くにはさらに2〜3ヶ所、崩れて塞がりかけている穴もある。これらの穴は地中で繋がっている。
アナグマは、地中深く掘り進んだ穴の中で冬眠をして子どもを産み育てる。
今年は利用しなかったが、アナグマはもちろん、巣穴を利用するキツネやタヌキも時々様子を見にやって来る。

4月11〜15日の間にヤマドリ・キツネ・カケス・ニホンジカ・ネズミ類・アナグマが巣穴近くに現れた。
キツネは巣穴が気になる様子で、中を覗き込んで去って行った。右前脚を怪我している。先端部分が切断されている。ニホンジカの有害捕獲のために仕掛けられたくくり罠にかかり、暴れまわって脚先がちぎれて、どうにか抜け出して来たのだ。近年、こうした脚先のない野生動物をたびたび見かけるようになった。
アナグマは朝明るくなって現れた。巣穴を気にして覗き込んでいた。


ニホンジカの角落ちシーズン

先日、ニホンジカの角を3本拾った。ニホンジカは毎年角を落として新しく生え替わる。3月中旬から5月中旬に角を落とす。
今回拾った3本は、いづれも標高1,000m程の尾根を歩いている時だった。2本は、地面を平らにならしたシカの休息場所に1mほど離れて落ちていた。同じ個体の左右の角だ。もう1本は、残雪の脇に落ちていた。2本は休息中に、1本は採食中に落ちたものだ。
角が落ちて間もない時には、角が生えていた部分が痛々しく見えるが、シカのほうは至って平然としている。間も無く、そこから袋角と呼ばれる柔らかい角がむくむくと伸びてくる。
立派に大きくなった角が、翌年には落ちて生え変わる。角の再生にはかなりのエネルギーが必要と思われるのに、毎年生え変わる必要があるのだろうか?
角は8月までは外皮をかぶっているが、9月には骨化した硬い角となっている。


ニホンジカ、標高1,000mに到達

ニホンジカは、毎年冬の初めに山を降りて積雪の少ない場所で冬を過ごす。春には雪解けとともに伊吹山を登って来る。その時期は積雪量によって変わる。ここ数年は、かなり雪が少なかったので、2月中旬には標高1,000mまで登って来ていた。
今冬は積雪が多く、シカが山を登って来るのが遅い。それでも3月に入ってから暖かい日が続き、日差しも強まってきて一気に雪解けが進み始めた。雪が積もりにくい急傾斜地や、日当たりが良い場所は地面が露出してきた。シカたちは上を目指してどんどん登り始めている。3月11日には、標高1,000mに到達した。相当お腹を空かせていたのか、広く地面が露出している場所で一心に採食を始めた。
これ以上の標高は、まだ大部分が1m以上の雪に覆われているので、この辺りで少しの間停滞となるだろう。



若い放浪イヌワシがペアのテリトリーに侵入

イヌワシは、雄と雌のペアで10km四方くらいの行動圏を持って生活している。獲物を探して捕らえるのが困難であることから、広い行動範囲を縄張りとして、ハンティングエリアを確保して暮らしている。
ペアの縄張りの中に、放浪中の若いイヌワシが現れた。すぐにここの雄ワシが出現し、波状飛行をして縄張り宣言を開始した。大抵の場合、この波状飛行を見て放浪ワシは遠ざかっていくか、追われて逃げていくパターンが多いのだが、今回の若ワシは急降下で雄ワシに対して攻撃を仕掛けた上に、遠くまで雄ワシを追いかけて行った。
30分ほど経って、縄張りペアの雌が出現し、波状飛行を始めた。近くにさっきの若ワシがいるのだろう。
案の定、上空から急降下で雌ワシに攻撃を仕掛けてきた。お互いに攻撃を仕掛けたり仕掛けられたりを繰り返している。若ワシはかなり強気で、一向に逃げ出すような気配はない。空中での攻防は2時間近く続いて、尾根向こうに見えなくなった。

ペアの縄張りには、このような放浪ワシが時々現れる。時には放浪ワシがペアの1羽を追い出して、もう1羽とペアになって居着くことがある。今回の放浪若ワシは、この地に居着くことになるのか、それとも去っていくのか?
しばらくはこの若ワシとペアとの攻防が続きそうだ。



小鳥たちは雪の裂け目で採食する

一面が雪に覆われた地域にも小鳥たちが暮らしている。雪がいち早く溶ける川の岸辺や土手など、地面が露出した場所に餌を求めて小鳥たちがやって来る。
小さな雪の裂け目であっても、その裂け目に入って草の種子や虫を探して食べている。冬であっても落ち葉をかき分けて探すと、そこで冬眠している小さな虫が出て来るのだ。
除雪されたばかりの農道にも、小鳥たちはやって来る。相当にお腹をすかしているのだろう、せわしなく地面をつついて小さな種子を啄んでいる。人や車が通る時も、ギリギリまで粘ってから飛び立って逃げる。夏場だと、餌場があちこちにたくさんあるので逃げ足が早く、これほど小鳥たちに近づけることはない。雪の中で暮らす小鳥たちは切羽詰まっているのだ。



イヌワシの巣造り、子育てライブ映像ダイジェスト4

巣の上の積雪が減り始めたと思ったら、2月20日頃からまた吹雪となった。新たに60cm以上の積雪となって、巣の上にも降り積もった。
2月中頃以降、イヌワシはこの巣に来ることがなくなった。この巣の使用を諦めたようだ。ここ数年の産卵時期は2月下旬であることから、この巣が使用できる可能性はほぼ無くなった。
残念だが、今年のイヌワシの繁殖ライブ配信は見送ることにします。

今年は産卵せずに繁殖は失敗しているのか、それとも他の巣に産卵しているのか、まだ確認はできていない。今後、イヌワシの行動を遠方から観察して、繁殖状況を把握することになるので、確認には少し時間がかかるだろう。

イヌワシのライブ配信は見送りとなったが、今後は他の野生動物の映像を配信していく予定です。

2月23日、巣や周辺は雪に覆われて、巣は使用できる状態ではなくなった

イヌワシの巣造り、子育てライブ映像ダイジェスト3

イヌワシの巣には、相変わらず雪がこんもりと積もっている。たまにイヌワシがやって来て巣の縁に止まるが、この雪では巣造りができないので困惑している様子だ。巣の近くで鳴き声がたびたび聞こえる。
巣の上の雪は、少なくなってきたと思っていたらまた降ることを繰り返して、一向に減らない。2月6日には1m以上の降雪があって、カメラの前にも雪が積もって1日以上視界がなくなった。
雪の中でも活動しているイヌワシの鳴き声が時々聞こえている。カモシカが雪の岩場を採食しながら歩いている姿も見られた。

このペアは、これまで40年の間に5ヶ所の巣を繁殖に利用してきた。繁殖に成功して雛が巣立ったのは、そのうちの3つの巣だ。雛が巣立つのは、平均して5年に1回足らずである。
5つの巣は遠いものは数キロ以上離れている。この5巣以外にも巣造りをするだけで使用しない巣がいくつかある。現在、ライブカメラの巣は雪で巣造りができないので、他の巣へも巣材を運んでいる。しかし、それらは巣の前に樹木が伸びてきて、出入りが非常にしづらくなっている。
ライブカメラの巣は、上にオーバーハングがなくて雪が積もり、いい条件の巣とは言えない。イヌワシは条件のいい巣を探しているが、なかなか見つからない状況だ。

2月上旬からライブ配信を予定していましたが、巣には雪が積もったままでイヌワシの出入りが少ないので、頻繁に出入りがあるようになるまでライブ配信は延期します。
今年この巣を使用するかどうかはまだ分からないですが、ライブカメラの前で興味深い繁殖生態を見せてくれることを期待したいです。