イーグレットニュース: 書籍・出版物

野生動物管理のための狩猟学

野生動物管理のための狩猟学

共著 須藤明子(株式会社イーグレット・オフィス)
「カワウにおける個体群管理のための捕獲」
編集 梶光一・伊吾田宏正・鈴木正嗣
発行 2013年 朝倉書店
内容 本書は、2010年7月17日に東京農工大学において開催された国際シンポジウム「野生動物管理の担い手:狩猟者と専門的捕獲技術者の育成」の講演内容を中心にまとめられた。滋賀県琵琶湖で行なわれたカワウの個体群管理を事例に、専門的捕獲技術者の必要性について概説した。
Posted in 書籍・出版物 Tagged

岐阜から生物多様性を考える

岐阜から生物多様性を考える

共著 須藤明子(株式会社イーグレット・オフィス)
「カワウとイヌワシと生物多様性保全」
監修 小見山章
編集 小見山章・荒井聡・加藤正吾
発行 2012年 岐阜新聞社
内容 2010年、岐阜大学において「岐阜から生物多様性を考える研究会」が、4回にわたり公開で行なわれた。毎回、研究者が自らフィールドで調べた結果を発表し、高校生を含めたフロアと講演者との活発な議論が交わされ、ともに生物多様性について「考える」貴重な機会となった。この研究会の内容をまとめたのが本書である。
Posted in 書籍・出版物 Tagged

野生動物管理 ー 理論と技術

野生動物管理 ー 理論と技術

共著 須藤明子(株式会社イーグレット・オフィス)
「第31章 猛禽類の個体群と生息地の管理技術」
編集 羽山伸一・三浦慎吾・梶光一・鈴木正嗣
発行 2012年 文永堂出版
内容 国内における各専門分野の最前線で活躍している39名の研究者もしくは技術者により、野生動物管理の理論と技術を網羅した書籍。
Posted in 書籍・出版物

Wildlife Forum

著者 須藤明子(日本イヌワシ研究会)
野生生物保護管理の最前線 – 猛禽類特集 – 「イヌワシの生息地保全」
発行 2009年 野生生物保護学会(現「野生生物と社会」学会)
Posted in 書籍・出版物 Tagged

野生動物の研究と管理技術(翻訳)

共訳 須藤明子(株式会社イーグレット・オフィス)
「第8章 性判別と齢査定」
監修 日本野生動物医学会・野生生物保護学会(現「野生生物と社会」学会)
編訳 鈴木正嗣
発行 2001年 文永堂出版
内容 米国における野生動物と生息環境の研究・保護管理方法について包括的に解説された書籍。日本野生動物医学会と野生生物保護学会に所属する専門家32名により訳出された。鳥類の性判別と齢査定の項を担当した。
Posted in 書籍・出版物

伊吹山自然観察ガイド

著者 村瀬忠義・須藤一成・草川敬三
発行 2007年 山と渓谷社
取扱 Amazon
内容 滋賀県最高峰、標高1377mの伊吹山は、山頂一面に広がる高山性植物で知られ、日本百名山のひとつでもある。須藤一成が、「第2章いきものの章」を担当し、伊吹山とその周辺に生息する特徴的な動物について紹介している。
Posted in 書籍・出版物

週刊「日本の天然記念物 動物編」イヌワシ

写真 須藤一成(表紙他15点提供)
発行 2003年 小学館
取扱 Amazon
内容 2002年6月6日から50週連続で発行されたウィークリーブックで、日本の天然記念物を写真とイラストでわかりやすく解説している。全ての号に解説されている動物の立体フィギュアが付属している。
Posted in 書籍・出版物 Tagged

BIRDER別冊 イヌワシとクマタカ


BIRDER別冊 イヌワシとクマタカ

Posted in 書籍・出版物 Tagged

写真集 イヌワシ Golden Eagle

著者 須藤一成
発行 1994年 平凡社
取扱 Amazon
内容 日本の森林生態系の頂点に立つ大型猛禽類イヌワシ。日本国内の生息数は500羽程度とされ,絶滅の危機に瀕している。イヌワシのダイナミックな狩り,悠々たる飛翔,人の手の届かぬ断崖での子育てなど,その生活史のすべてを日本で初めてとらえた写真集。
Posted in 書籍・出版物 Tagged

野生動物救護ハンドブック

野生動物救護ハンドブック

著者 須藤明子(株式会社イーグレット・オフィス)
「第3章 野生動物救護の実際各論 – ワシタカ類」
編者 野生動物救護ハンドブック編集委員会
発行 1996年 文永堂出版
内容 野生動物救護の各論の猛禽類の項を担当。猛禽類のうち救護例の多いトビとチョウゲンボウについて、生態学的特徴、診断技術と保定、主な救護原因と疾病、食性と給餌方法、飼育管理と野生復帰について概説。
Posted in 書籍・出版物