出会いはいつも寝ぼけた顔の Giant Eagle Owl

ピンクのアイシャドーを塗った大きなフクロウ、Giant Eagle Owl。出会いはたいてい昼間であるためか、いつも眠そうな顔をしている。せっかくのアイシャドウもこの寝惚け眼では台無しだ。

昼間、大木の中枝にひっそりと止まっている。運良くその姿を見つけて撮影していると、時々振り向き、眼を半分くらい開いて眠そうな顔を見せてくれる。
10年以上前になるが、初めてこの鳥を見た時、昼間に獲物を捕らえて木の上で食べているところで、何とも凛々しく活動的な姿だった。その後、何度も昼間にこの鳥に出会っているが、いつも寝惚け眼で最初の印象とは随分違っている。またあの活動的な姿に会いたいと思う。しかし、今のところまだ叶っていない。
しかし夜には、あの時のような凛々しい姿で活動していることだろう。

大木の根元で直射日光を避けて休息する

Posted in 伊吹の野生だより Tagged , ,