ニュースタグ: アフリカ

間近でライオンに見つめられた

今日は早朝から運良くライオンに出会った。数頭のライオンが少しずつ間隔を置いて一直線に歩いている。その方向には池がある。池に到着するとすぐに水を飲み始めた。数分間かけて水を飲んだ後、そこに座り込んだ。群れの構成は、オスが2 … 続きを読む

Posted in 伊吹の野生だより Tagged

南アフリカは鳥の渡りの季節

飛行機の旅を無事に終えて、今日からクルーガー国立公園を隈なく走り回って動物を探す。隈なくといってもクルーガーは日本の四国ほどの広さがあるので見て回れるのはほんの一部分だけである。 イヌワシの仲間のWahlberg’s E … 続きを読む

Posted in 伊吹の野生だより Tagged

Black Eagleの営巣地近くにLeopardが出現

Black Eagleの育雛中の巣を発見した。遠いのと巣の半分くらいしか見えないので詳細はわからないが、巣のまわりの岩にたくさんの糞が付いていることや親鳥が出入りしていることから育雛中であることは確かだ。 この親鳥が巣か … 続きを読む

Posted in 伊吹の野生だより Tagged , ,

山地帯の猛禽類探索

クルーガーN.Pを出発して350kmほど車で走ったLeshiba Wildernessというところに来ている。ここは標高が1,200mほどの高原にある。まわりは1,400〜1,600mほどの山に囲まれている。今日は雲が多 … 続きを読む

Posted in 伊吹の野生だより Tagged ,

神出鬼没のMartial Eagle

クルーガーN.Pでの撮影は最終日になった。 Tawny Eagle、Wahlberg’s Eagle、African Hawk Eagle、Brown Snake Eagle、African Fish Eagleなどいろ … 続きを読む

Posted in 伊吹の野生だより Tagged ,

Wahlberg’s Eagleの恋

快晴の暑い日が戻って来た。南部アフリカは、季節が日本とは逆なので今は早春である。夏鳥たちがちょうど渡って来る時期だ。 イヌワシの仲間のWahlberg’s Eagleも夏鳥としてやって来る。9月の初めまではめったに姿を見 … 続きを読む

Posted in 伊吹の野生だより Tagged ,

動物たちは雨を待っている

このところすっきりしない曇り空が続いている。わずかな雨が時おり降っている。気温も下がり肌寒い。今日は朝から本降りになった。これまでこの時期にまともな雨に遭ったことがなかったのだが… 乾燥した大地は、風や車の走 … 続きを読む

Posted in 伊吹の野生だより Tagged ,

泥沼池の恐怖

乾期も終盤を迎えて、湖の水は干上がる寸前だ。わずかに残った水場が泥沼のようになっている。水を飲みにやって来る動物たちは、慎重に足元の様子を見ながら水に近づいている。胴体まで沈み込んでしまいそうになる。水に届きそうなところ … 続きを読む

Posted in 伊吹の野生だより Tagged , ,

百獣の王の大爆睡

今アフリカに来ている。アフリカに来て2週間が過ぎた。出発の準備や日本にいる間にこなしておかねばならないことに追われて「伊吹の野生だより」もしばらく休んでしまった。 一週間ほどジンバブエに滞在しDVD「ブラックイーグル」の … 続きを読む

Posted in 伊吹の野生だより Tagged , ,

Vol.56 アフリカ撮影記 Ver.16 保護色は誰のため?

大地に溶け込み森林にまぎれ、ブッシュに隠れて見えにくくなるのが動物たちの保護色だ。保護色は、草食動物が肉食獣に見つからないためにあるものだと思い込んでいた。ところが、アフリカでライオンやチーター・ヒョウなどの肉食獣を見て … 続きを読む

Posted in ネイチャーエッセイ Tagged , , , ,