ニュースタグ: クマ

Vol.51 ツキノワグマ:目覚め

新緑のまばゆさが少し色あせ、里では徐々に濃い緑へと変わりつつある。しかし、高い山はまだ春である。 樹々が少しづつ芽吹き始めて、黄緑色の新緑が点々と広がる頃、冬眠から目覚めたツキノワグマが新芽を食べに樹に登る。こんな姿がよ … 続きを読む

Posted in ネイチャーエッセイ Tagged ,

Vol.49 ツキノワグマ:人里への出没2006年

昨年の秋は、全国各地でツキノワグマが人家付近に大出没した。有害獣として捕獲された数は4,500頭を超え、その9割が殺された。 大型獣であるツキノワグマは生息数が少ない上に、2〜3年に1回、2頭くらいの子供を産む程度のゆっ … 続きを読む

Posted in ネイチャーエッセイ Tagged ,

Vol.38 ツキノワグマ:人里への出没

落葉広葉樹林が広がる自然豊かな森にはツキノワグマが暮らしている。生息数が少なく姿を見ることは非常に難しい動物である。 しかし、近年では人里へ現れるクマが全国各地で目撃されるようになった。特に昨年の秋には、異常出没と言われ … 続きを読む

Posted in ネイチャーエッセイ Tagged

Vol.22 ツキノワグマ:森の愛嬌者

雪解けの頃から木々が芽吹いて葉に覆われるまでの間が、1年のうちで最もツキノワグマを観察しやすい時期である。 早春の林床は見通しがよく、遠くからでもクマの行動が観察できる絶好の季節だ。冬眠から目覚めたばかりのクマが残雪の上 … 続きを読む

Posted in ネイチャーエッセイ Tagged