ニュースタグ: アフリカ

「美人」な動物

以前、雑誌の表紙用に写真を送った時、編集者から「美人ですね」とだけ書かれたメールが返って来た。普通なら何のことか分からないのだが、僕自身もその写真を見て「美人」だと感じていたので、すぐに写真に写っている動物のことだと分か … 続きを読む

Posted in 伊吹の野生だより Tagged ,

猛禽類の狩りも命がけ

肉食獣の狩りが命がけであることは前回書いたが、ワシやタカなど猛禽類の狩りもまた命がけだ。 Martial Eagleが大木の頂上に止まり獲物を探していた。1時間ほど経った頃、Martialが獲物を見つけたようだ。首を伸ば … 続きを読む

Posted in 伊吹の野生だより Tagged , ,

肉食獣に怪我はつきもの

今回1カ月の間に怪我をしているライオンを2頭も見た。1頭は左脚首辺りが裂けてぱっくりと口を開け、傷は奥のほうまで達している。人間なら何針も縫う大怪我であるが、このライオンは歩いても怪我をしていることをほとんど感じさせない … 続きを読む

Posted in 伊吹の野生だより Tagged

毒ヘビ、樹上で生活

世界最強クラスの毒ヘビ、ブラックマンバ。「噛まれたら30分以内に血清をうたなければ死んでしまう」と現地の人に聞いたことがある。30分というのが事実かどうかはわからないが、非常に強い毒を持っていることは確かだ。 ブラックマ … 続きを読む

Posted in 伊吹の野生だより Tagged

地味だが鳴き声は派手な鳥

ブッシュの中では見つけるのが困難な地味な色彩の鳥、Redcrested Korhaan。普段の動きは超スローモション。風にそよぐ草や枝に擬態しながら歩いているのだと思う。体色がブッシュの中では目立たない迷彩色なので、大き … 続きを読む

Posted in 伊吹の野生だより Tagged

カラフルな鳥が多い

アフリカには原色の鮮やかな色彩の鳥がたくさんいる。こんな派手な色があったのかと驚かされる。金属光沢を持った青緑や蛍光色のような赤など、すごい色だなあと感心してしまう。 アフリカでは鳥だけでなく、人もまた原色鮮やかな服を普 … 続きを読む

Posted in 伊吹の野生だより Tagged

チーターには「颯爽」が相応しい

チーターを見るといつも「颯爽」という言葉が頭に浮かぶ。寝転がって獲物が来るのを待っているときにも、また立ち上がって歩くときにも、ライオンやレパードとは一味違う気高さを感じる。 今日出会った1頭のチーターは、1本の小さな樹 … 続きを読む

Posted in 伊吹の野生だより Tagged

セクレタリーバードは求愛ディスプレイ中

鶴のような容姿の鳥、セクレタリーバード。後頭部の羽毛が何本ものペンを刺したように見えることから、英名は書記官のような鳥と名付けられている。日本名はヘビクイワシ。この長い脚で地上を闊歩しながらヘビやトカゲなどを探す。獲物を … 続きを読む

Posted in 伊吹の野生だより Tagged

繁殖が遅れているマーシャルイーグルの巣

日本のイヌワシよりも少し大きいマーシャルイーグル。獲物はスティーンボックやギニーフォール、1mほどもあるオオトカゲなどかなり大きな鳥獣や爬虫類などを捕食する。2年に1回くらいのペースで繁殖している。 ヒナの巣立ちは10月 … 続きを読む

Posted in 伊吹の野生だより Tagged

成功率低いレパードの狩り

レパードが木陰になったアリ塚の上で寝そべっている。目を閉じて眠っているだけのように見えるが、実は獲物が現れるのを待っているのだ。 インパラの群れが近づいて来た。レパードは両眼を開き、頭を低くしてインパラの動きを見つめてい … 続きを読む

Posted in 伊吹の野生だより Tagged